一般財団法人阪神高速道路技術センター

土木構造物点検診断技術者資格認定制度

土木構造物点検診断技術者資格は、土木構造物の点検及び診断業務の技術水準と信頼性の向上を図り、 阪神高速道路等における土木構造物の保全に寄与することを目的としています。
土木構造物の点検及び診断業務に従事する技術者を対象とした講習会、資格試験を実施し、 知識と経験を基に構造物の特性を理解した上で点検の実施、損傷程度の評価、健全性の診断等ができることが認められた技術者に対し、 点検診断技術者資格の認定を行っています。
なお、本資格制度で求める点検及び診断に関する技術は、鋼構造物、コンクリート構造物、トンネル構造物及びその他構造物(土工・舗装・道路付属物)を対象としています。

当資格認定制度における「主任点検診断士」、「点検診断士」については、「公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格登録規程(平成26年国土交通省告示1107号)」に基づく技術者資格登録簿に登録されております。

登録番号 当センターの
資格の名称
資格が対象とする区分
施設分野 業務 知識・技術を
求めるもの
第62号
第71号
主任点検診断士 橋梁(鋼橋) 点検・診断 担当技術者
第63号
第72号
点検診断士 橋梁(鋼橋) 点検・診断 担当技術者
第74号
第83号
主任点検診断士 橋梁(コンクリート橋) 点検・診断 担当技術者
第75号
第84号
点検診断士 橋梁(コンクリート橋) 点検・診断 担当技術者
第89号
第96号
主任点検診断士 トンネル 点検・診断 担当技術者
第90号
第97号
点検診断士 トンネル 点検・診断 担当技術者
第230号
第234号
主任点検診断士 舗装 点検・診断 担当技術者
第231号
第235号
点検診断士 舗装 点検・診断 担当技術者
第239号
第242号
主任点検診断士 小規模附属物 点検・診断 担当技術者
第240号
第243号
点検診断士 小規模附属物 点検・診断 担当技術者

当センターが実施する土木構造物点検診断技術者の資格制度には、主任点検診断士、点検診断士、補助点検士の資格区分があります。

資格区分 業務内容
主任点検診断士
  • 土木構造物の点検及び診断において、十分な知識と経験を基に構造物の特性を理解した上で、 点検の総括(安全管理等を含む)、損傷程度の総合的な評価、健全性の総合的な診断等、業務全体の監理を行うことができる者。
  • 土木構造物の点検及び診断において、点検診断士、補助点検士を指導・総括することができる者。
点検診断士
  • 土木構造物の点検及び診断において、知識と経験を基に構造物の特性を理解した上で、点検の実施(安全管理等を含む)、損傷程度の評価、健全性の診断等を行うことができる者。
  • 土木構造物の点検及び診断において、補助点検士を指導することができる者。
補助点検士
  • 主任点検診断士、点検診断士の指示のもと、土木構造物の点検を安全に行うことができる者。

土木構造物点検診断技術者として認定されるためには、当センターが開催する点検診断講習会を受講し、資格認定試験に合格することが条件です。また、受講・受験にあたって下記の最終学歴及び卒業後の実務経験年数が必要とされます。

資格区分 最終学歴 卒業後の実務経験年数※1
主任点検診断士 大学・大学院 10年以上※2
短大・高専 12年以上
高校 14年以上
中学 17年以上
点検診断士※3 大学・大学院 3年以上
短大・高専 5年以上
高校 7年以上
中学 10年以上
補助点検士※4
  • ※1 実務経験年数は土木業務に従事した経験年数です。
  • ※2 主任点検診断士においては、修士課程、博士課程前期、博士課程、博士課程後期の
    在学期間を実務経験年数とみなします。
  • ※3 補助点検士の資格を取得した者については、その後に主任点検診断士又は点検診断士のもとで通算3年以上(最終学歴が中学の場合は6年以上)の現場実務経験(全期間に渡り補助点検士の資格を有する必要はありません)を経た場合、点検診断士の受験資格を付与します。
  • ※4 補助点検士については、最終学歴及び卒業後の実務経験年数は問いません。
    補助点検士の点検技術者資格取得後、点検診断士のもとで現場での3年以上の実務経験を経た者は点検診断士の受験資格を付与します。

本資格制度では、点検診断講習会(必須)を受講し、主任点検診断士、点検診断士については資格試験に合格する必要があります。
資格試験は、筆記試験と実地試験を行います。
各資格区分において受験が必要な項目及び資格取得の際の有効期間は下記のとおりです。有効期間を迎えた有資格者は、点検診断講習会の受講が必要となります。

資格区分 新規※1 ※2 ※3 更新※4 ※5 ※6
点検診断
講習会
資格試験 有効期間 点検診断
講習会
資格試験 有効期間
筆記 実地
試験 試験
主任点検診断士 3年 3年
点検診断士 3年 3年
補助点検士 1年 1年

●:受験が必要な項目

  • ※1 主任点検診断士、点検診断士の受験者の定員はあわせて100名程度とし、定員に達し次第申込みの受付けを締切ります(先着順)。
  • ※2 点検診断講習会を受講し、主任点検診断士、点検診断士の資格試験にて不合格者となった者のうち補助点検士の資格付与を希望する者については、補助点検士の資格を付与します。
  • ※3 補助点検士の更新は、新規と同様の取扱いになります。
  • ※4 主任点検診断士、点検診断士の更新を申込みされる方は、『点検診断業務活動報告書』の提出が必須となります。なお、『点検診断業務活動報告書』は更新講習で使用する場合があります。
  • ※5 点検診断士の資格を保有し有効期間が平成30年6月30日までの方が主任点検診断士の新規受験を申込みされる場合は、点検診断講習会(新規)の受講及び資格試験の受験をもって、点検診断士の更新講習の受講及び更新費用を免除致します。主任点検診断士の新規申込書に現在保有する点検診断士の認定番号及び必要事項を必ず記載願います。
  • ※6 主任点検診断士、点検診断士の資格保有者の方が、当該資格の有効期間が終了するまでに更新講習(点検診断講習会)を受講しなかった場合は当該資格を失効することとなります。ただし、失効後3年の間は、再登録の申請を行い更新講習を受講することにより再登録を行うことができます。

(1)受付期間

平成30年3月9日(金)~4月13日(金)

(2)申込方法

受験の申込みは個人又は所属する会社で取りまとめて行って下さい。
下記の「平成30年6月度土木構造物点検診断技術者資格認定制度に係る受験の手引き(PDF)」をダウンロードし、 詳細を確認のうえ申込み手続きを行ってください。

6月下旬に当センターのホームページに合格者の受験番号を掲載いたします。
合格者の方には認定証を送付いたします。

一般財団法人 
阪神高速道路技術センター 
総務企画部 企画課
土木構造物点検診断技術者資格制度事務局

  • 電話:06-6244-6049
    (平日の9:30~17:00)
  • 〒541-0054 
    大阪府大阪市中央区南本町4丁目5番7号 
    東亜ビル