一般財団法人阪神高速道路技術センター

ニュース・トピックス
~本イベントは終了しました~

近年、国・地方公共団体・道路会社および公社において、少なからず設計等の不具合が報告されています。設計不具合が生じると、設計手戻りや再製作、最悪の場合は撤去再構築など、工期や工費に影響が生じる事態もあります。設計不具合等を防止するため、技術者の技術力向上や効果的な審査方法の確立などがこれまで以上に求められている現状にあります。

今回、道路インフラの設計品質を向上させる目的のもと、都市高速道路機関のインハウスエンジニアにより抽出された設計不具合を体系化し形式知化を図った成果を広く共有する場として、講習会を企画しました。

貴重な機会ですので皆様の参加をお待ちしております。

日 時
平成29年2月28日(火)13:30~17:00(受付開始13:00)
主 催
(一財)阪神高速道路技術センター・阪神高速道路株式会社
会 場
建設交流館 702号室(大阪市西区立売堀2-1-2)
費 用
7,000円(テキスト代含む)
プログラム
詳細はこちら
※ 土木学会 継続教育(CPD)認定プログラム(3.3単位)
定 員
60名程度(定員になり次第締めきらせていただきます)
申込期間
平成29年2月21日(火)17時まで
本講習会の申込みは締切いたしました。
多数のお申込みありがとうございました。

問い合せ先

(一財)阪神高速道路技術センター 総務企画部 企画課

TEL:06-6244-6049