一般財団法人阪神高速道路技術センター

ニュース・トピックス
震災資料保管庫特別開館は終了いたしました
震災資料保管庫特別開館は終了いたしました
  • 来館者数

  • 1月12日(土) 117名
  • 1月13日(日) 455名

■震災資料保管庫

  • ・阪神・淡路大震災での被災経験を風化させることなく後世に継承するため、また、今後の防災対策の研究の一助となることを願い、特徴的な被災構造物34点を展示しています。
  • ・国内外を問わず、行政関係者や専門技術者、小学校の地震防災学習の観点での見学など、多くの方々にご来場頂いております。
  • 通常、毎月第1週及び第3週の水曜・日曜に限り事前予約制で一般の皆さまの見学を受け付けております。

見学をご希望される場合は、こちらのページをご確認ください。

震災資料保管庫 見学のお申込み・お問い合わせ